人気ブログランキング |

急に思い出したこと

 先日市役所の5階に行ってきました。利用者さんと供にタクシー助成券の申請のためです。
申請の窓口が用意してあり、職員の対応も親切で気持ちよく用を足せました。
 そこで私がこの仕事を始めた4年ほど前のことを思い出しました。その日も利用者さんの車いすを押してある課の窓口を訪ねたところ、その場の雰囲気があきらかに変わり (何しに来たんだと言う感じ) 職員同士が顔を見合わせお前行けとアゴで合図したのを私は見逃さなかった。 
 そしておもむろに(今日は何か?)の一言 用があるからわざわざ来たんだろうがと、思わず心の中でツッコミを入れてしまいました。
 障害者の人たちに対する視線が、明らかに健常者とは違う現実を目の当たりにしてショックを受けたことを思い出しました。
  しかし現在は窓口に立っただけで本日のご用件は何でございましょうか、用件を話し待っている時でも、ご用件はお済みになりましたでしょうか、とカリスマ店員並みの対応ぶりに変われば変わるものだなあと感心しています。最も市民の奉仕者としては、当然といえば当然か。
by kintountaxi | 2009-04-23 21:51
<< 床屋さん 桜、咲く >>