はやく展望を示して!

 盛岡地域は田植えもほとんど終わり、残雪の岩手山が水田に映り込んで初夏の到来を感じさせる季節になりました。
盛岡では、6月のチャグチャグ馬っこも、8月のさんさ踊りも例年通り行われるようでひと安心です。 
 先日本当に久方ぶりに夜の街(大通り)に出る機会がありました、土曜日とはいえ思っていたより人通りが多く、お店も結構ニギワッテいたのでちょっと驚きました。
帰りに運転代行のドライバーに聞くと3月、4月に自粛により閑古鳥が鳴く状況でしたが、5月に入りそのころやる予定だった歓迎会等を今やっつてるようだとのこと。 今日は朝まで忙しいとのこと。 
 いずれお金が回らなければ2次被害も心配される状況だったので、夜の街に人が戻ってきたのは嬉しいことですね。

  ただ肝心の被災地の状況は未だに避難所で暮らしている方が多くいて、先が見えない状況にこれからが本当に心配です。政治家の政策決定のスピード感のなさには、がっかりさせられるばかりです。
[PR]
# by kintountaxi | 2011-05-29 17:52

修学旅行生はどこへ行った?

 盛岡は桜の季節も終わり中央通りや夕顔瀬から館坂へ続くプラタナスの街路樹も若芽を出し新緑がまぶしいのです。これからが一年でいちばんいい季節になるのです。
 いつもと変わらぬ街の風景ですが今年は異変があるのです、それは修学旅行生の姿がまったく見えないのです。例年パンフレット片手にグループでキョロキョロしながら歩く生徒達が街中にあふれているのに、今年は皆無なのです。震災の影響ですべてキャンセルになってしまったのでしょうか。本当に寂しい限りです。

 そんな中、利用者さんのお宅の庭にはいろいろな花が咲き始めていますが、今年はどの花にも(咲いてくれてありがとう)という気持ちになるのです。せめて盛岡の街中、花を飾り被災地にエールを送り続けたいものです!
[PR]
# by kintountaxi | 2011-05-10 23:25

あれから1ヶ月、桜咲く季節に

 いつの間にか、盛岡にも桜の季節が来ているのです。
この一ヶ月ただ白日夢のように過ぎ去った感じです。今週に入りスーパーの棚には品薄だった商品が並び、震災前の状態に戻ったようで数量制限などはなくなったようです。
 そんな中テレビから流れてくる(日本は負けない)や(見上げてごらん夜の星を……)と語りかけ、歌う著名人の方々、まあそれはそれでいいのでしょうけど、いつまで続くのでしょうか。

 今日本中が自粛ムードになり経済への悪影響が心配されてますが、私にしてみればとても花見をして酒を飲むという気持ちにはなれないのです。
 日常の平凡な生活が、いかに大切で愛おしいものであるのかをとても考えさせられた一ヶ月でした。そして今、自分にできることは、淡々と仕事をつづけることだけなのだということも。
[PR]
# by kintountaxi | 2011-04-20 23:09

燃料だいじょうぶかな?

 今週になりやっと盛岡の街も落ち着いた感じがしてきました。
ガソリンスタンドに並ぶ車の行列も短くなり燃料不足の恐怖感からやっと開放された感じです。
福祉、介護関係の車は緊急車両扱いにはならず、どこの事業所もガソリンの入手に苦労したようですが、この非常時仕方がありませんね。
 また物流のほうはまだまだのようでどのコンビニの店内も商品棚がガラガラの状態が続いています、しかし市内のスーパーにはそれなりに商品が揃ってきていて不便を感じないのは助かります。

 そんな中、市の中心部では沿岸地域から避難してきた方なのでしょうか、リュックサックを背負った年配のご夫婦らしき方の姿が目につくようになってきました。
 一刻も早く安定した生活ができるよう願ってやみません。
[PR]
# by kintountaxi | 2011-03-29 23:21

ご支援お願いします

 3月11日 私の故郷 釜石市が大津波により壊滅しました。未だに同級生や知人の安否がわからない方がいるのです。 
 私が通った学校はすべて避難所になっているようです、ただただ行方不明の方々の無事を祈るのみです。東日本を襲った大地震と大津波は多くの尊い人命を奪いました。人智を尽くしても抗しきれない自然の猛威に言葉を失うのです。
 そんな中、職責を全うするため献身的に救助活動に従事される多くの方々を見ると、感謝するとともに勇気が与えられるのです。いま私たちはこのような未曾有の大災害に対して日本人として一人ひとりがどのような行動や態度がとれるのか、試されているのでしょうか。
 
 必ず釜石や被害を受けた地域は復活すると信じています、皆さんご支援よろしくお願いいたします。
[PR]
# by kintountaxi | 2011-03-21 17:00